〜ハローアウトドア〜ミニマグライトのメンテナンスと修理方法を出来るだけ詳しく紹介しています。

ハローアウトドアのトップページに戻る
ハローアウトドアのトップページに戻る

アウトドア用具のメンテナンス 8:ライト

ランタンのメンテナンスのページ
ライトのシステムとメンテナンス
LEDライトワークス・M-1type5
LEDライトワークス・M-1type5
ミニマグライト(単3電池2本タイプ)を強力1ワット相当のLEDライトに変身させるキットです。
特殊加工した5mmの高輝度白色LEDを使用し、M-1 タイプ4よりも明るさが10%アップ
市場価格 2700円前後


SUREFIRE A2 AVIATOR
SUREFIRE A2 AVIATOR
従来のハイパワータングステンランプにLEDを合体させた画期的なフラッシュライトです。
タングステンランプの周りに3本のLEDがセットされていてテールキャップスイッチを軽く押すことによりLEDライトの点灯。強く押すことにより通常のハイパワーライトを照射することが出来るダブル・スイッチング・システムを使用。これ一本でそれぞれのライトを活用できるので,何本もライトを揃える必要が無くなる訳です。
市場価格 37000円前後


ミニマグ用のLED交換球
ミニマグ用のLED交換球
ミニマグライト用LED交換球は、接続端子が銅線2本のバイピンを差し込む形式です。
ところが、これは、何かの原因で“ねじれてしまう”という声も多く、実際にバイピンがネジネジになって使えなくなった製品もありました。
このオパレックは、その接続端子・銅線2本の外側に一体で2本の支柱が固定する仕組みを発案!
市場価格 1000円前後

ライトの種類と構造

最近の主流になりつつある単三電池仕様モデル
アウトドアやキャンプ以外でも様々なシーンで活躍するライト
役割は同じでもその形状は様々、ホームセンターなどでも簡単に入手可能な代表的なライトがミニマグライトである

このライトの特徴はコンビニでも手に入る単三や単四電池が使用できる
その他にも単一や単二電池を使用する大型モデルから、ボタン電池等を使用する超小型モデルまで様々な種類がラインナップされている、基本的なメンテナンス方法はどのようなメーカーであれライトの原理はどれも同じなのでこのページでは、もっともポピュラーな
ミニマグライトで構造とメンテナンスの解説を進めていきます。

電池の種類と原理
現在の電池の原型が完成したのは今からほぼ200年前、イタリアの物理学者ボルタの発明による、そこから現在の電圧の単位ボルトが使用されている

現在使用されている電池は大まかに分けて2種類に分類される

化学反応を利用して電気を取り出す科学電池と装置を利用して電気に変換する物理電池にわけられる
ミニマグライト
一次電池
値段の安価な1回きりの使い捨て電池が一次電池にあたる
マンガン電池、置時計やラジオ、常備灯などのパワーを要求しない器具の使用に向いている

アルカリ電池、パワーを必要とする器具、モーター等を使用しているような電化製品向き

リチウム電池、電圧が安定していて自然放電が極めて少ない、カメラや時計等、わかりやすい所ではボタン電池がこれにあたる

水銀電池、一次電池としては最も放電特性が優れており、放電末期まで端子電圧がほとんど変化しない。公称電圧は1.35Vである、国内では1995年から製造を中止している。

二次電池
充電回数に制限があるものの繰り返し使用できるのが特徴である、値段は高価であるが使用回数から逆算すればリーズナブルな電池でもある
約500回の充電が可能(ニッケルカドミウム)

電球の仕組みと性能
電球がエジソンにより発明されてからおおよそ130年が経ち現在の電球に使用されているフィラメントはタングステン、融点が高く加工が容易なために採用されている
フィラメントの形状などは少しづつ違いますが、電球内に注入されているガスにより明るさが変わってくる
アルゴン、クリプトン、キセノン、ハロゲン等があり記述した順番に明るくなる
近年、急速に市場に出回りだしたLED(発光ダイオード)フィラメントが無いために電球
より発熱が少なく、電池が長持ちする、最近では複数のLEDを組み込んだ高照度モデルや小型で電球に負けない高性能で安価な製品も出回ってきている。

各部のメンテナンス
マグライトは長年使用していると点灯しなくなってくる、どのタイプのライトにも共通しているのが電池、スイッチ、電球(LED)の接点不良での性能低下や点灯ミスが出てくる、ここでのメンテナンスとして各接点部分を細かい紙やすりで削ってやる、必要であれば潤滑スプレーも使用して紙やすりで磨いてあげる

レンズ部分は使用している間に細かい傷が付いていると思いますが、性能を低下させているような傷がある場合は1500番以上の耐水ペーパーで根気よく磨いてあげることにより致命的な傷以外は気にならない位にきれいに仕上がる
私の最終的な仕上げはカーショップなどで販売されているコンパウンドを使用しまして、ツルツルにしています、こうする事により細かい傷がなくなり細かい埃などがつきにくくレンズの曇りが解消される

M3 Combat Light

■オーリングとヘッド周りの清掃

マグライトではヘッド周りがスイッチと焦点合わせの役目をしている、この部分は頻繁に操作するために本体の塗装がはがれがたついてくる、また剥がれた塗装の粉やほこり等で点灯不良などをおこす
完全に分解清掃した後、スキューバーダイビング用のシリコンオイルを少量塗り組み上げてやることにより新品時の性能を取り戻せます、シリコンオイルの塗りすぎには注意しましょう
ヘッドストラップ付きライト

■ミニマグ系の補修パーツ
長年使用しているとパーツの紛失や破損は避けられない、そこで修理やパーツ交換となります
ここで大切なのが、安売りセンター等で販売されている品物は同じようなデザイン、性能でも補修パーツが手に入らない
長年使用していこうと考えるなら値段は少し高くても一流メーカーの品物を購入していれば結局は安くつきます

ミニマグの販売代理店A&Fでは大体の予備パーツが手に入ります、メンテナンスを機会に構成部品をグレードアップしてみればよりいっそう愛着が沸くのではないかと考え私もメンテナンス時には明るいランプに変えたりしています
購入時期によれば部品のマイナーチェンジで同部品でも性能が上がっている場合もあります。
アウトドア用具のメンテナンスのトップページ ランタンのメンテナンスのページ
テントとタープ > ザックとバック > スリーピングバック > トレッキングシューズ > ストーブとランタン >
ナイフ > クッカーとクーラー > シューズ > ライト > その他の用品

ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring
サイトマップ

copyright (c) 2007-2009 ikushi yamashima