〜ハローアウトドア〜ガソリンコンロの保管方法とメンテナンスを出来るだけ詳しく紹介しています。

ハローアウトドアのトップページに戻る
ハローアウトドアのトップページに戻る

アウトドア用具のメンテナンス 3:ストーブとランタン>ガソリンコンロ>ガソリンランタン>

ガソリン用ランタンとコンロのページ ガス用ランタンとコンロのページ
ランタンとコンロのガソリン製品のシステムとメンテナンス
MSR
ドラゴンフライストーブ
最高のトロ火用ストーブです。この微妙な料理用火加減は、バーナー近くの熱い燃料とバルブステム・シールまわりの冷たい燃料とを分離する、CoolFuelバルブによるものです。つまみをひねるだけで調理中に弱火から超強火まで自由に調整できます。


BORDE-Brenner
アルピニスト御用達ホワイトガソリン使用のコンパクトコンロ。
調理を目的とする、ソロ(個人)用屋外専用ストーブです。コンパクトサイズですので、持ち運びが簡単です。エイアンドエフオリジナルケース付き。火をつけるときは風のない所で行ってください。使用する際は石、木等でしっかり固定してお使い下さい。


ColemanスポーツスターII
ストーブといえば508と言われるコールマンの定番ストーブ

液体燃料を使用するコンロとランタン
燃焼機器のなかで多くのキャンパーに使用されているホワイトガソリンを使用して
調理や明り取り等に活躍している製品、他にもアルコール製品や灯油製品等もあるが

ココのページではホワイトガソリンを使用している製品のメンテナンスを
解説していきます。

メンテナンスをするにあたり、構造と基本的な燃焼システムを覚えていく必要があります
最近販売されている殆どの製品が、タンク内の燃料にポンピングで圧力をかけて燃料バルブを開けるとニードルが後退して勢い良く気化されたガソリンが噴出する仕組みで
その後はタンクに伝わる熱の作用でタンク内の圧力が上がりガソリンが無くなるまで
燃え続ける、簡単に書けばこのような仕組みの製品がほぼ今は100%だと思っていただいていいかと思います。
私が始めて手に入れたコンロはタンクの上に小型の固形燃料を乗せてタンク内の圧力を上げるタイプでした。

ツーバナーとシングルバーナーの分解掃除
ガス式のコンロにも言える事ですが、燃焼部分は常に高温にさらされ、又吹き零れなどで
不具合がおき易い場所でもある

この部分は簡単に分解が出来る製品が殆どですので
使用後はワイヤーブラシ等で綺麗にしておくと、次回の使用時に
快適に使用出来ます。

ジェネレターの交換
ガソリンと空気を混合する役割をしているのがジェネレーターです
長期間使用していると、徐々にパイプ内にタール状の物質が付着してしまい
混合気がスムーズに出なくなって来る

こうなってしまうと、点火ミス、不安定な炎、購入時に比べて調理に時間がかかる
このような症状が出てきた時がジェネレーターの交換時期だと考えて良いかと思っておいてください
シンナーに浸けておいて高圧のエアで清掃することも出来ますが、交換したほうが安上がりではないかと思います
アウトドアの達人になる為に捨てる前に清掃に挑戦してみても良いかと考えます。

ポンプカップの交換
タンク内の圧力が上がりにくくなってきたらポンプカップを調べよう
簡単に説明すると水鉄砲のパッキンだと思えばよいゴム製のパッキンですが
ばらした時点で交換と考えても良いかと思います
調子が悪いと感じた時は、まず専用オイルでポンピングしてから回復しないようなら
ばらして交換作業に入りましょう

■チエックバルブの交換
ポンプカップが正常なのに火力が安定しない等の症状が出ている時は
チェックバルブを点検してみよう、この作業をするには専用工具が必要になります
工具名はチェックバルブレンチ(コールマン社製品)市販のドライバーを改造しても
制作できますが、初心者の人はコールマン製品を購入してコールマン社のレンチの
購入をお勧めします

このチェックバルブとは、タンク内の圧力を一定にする仕事をしている
不都合が無くても一度バラして部品を確認しておくことがのちのちのメンテナンスに
役立つと思います。
この工具はコールマン社製品に統一されていますので、メーカーを揃えるのがのちのち
のメンテナンスと経費節約になります

■痛んだボディーを再塗装で蘇らせる
一流メーカーの製品を購入しておくとすべての部品が後で手に入る
互換性のある部品もあるのでメーカーを揃えるのは賢い選択だと言える
ただ、ボデーに関してはそうとも言い切れないので、再塗装になってくる
塗装の事を書いていけばこのページでは書ききれないので簡単に説明すると
油汚れを落として、細かいサンドペーパーで磨き塗装と言う行程になります

私の見解ですが塗装する一番の安上がりの製品はカーショップ等で手に入る
マフラー用のスプレーが耐熱で良いかと思いますが、難点が黒色しかないのが難点

■MSRのメンテナンス

本格的なバックパッキングや本気の登山家等に愛用者が多いMSR
この製品は私のホームページを観覧している人たちは使用しないかもしれませんが

この単純な構造の製品を先に購入して、ツーバナーのメンテナンスをすれば
なんなくツーバーナーのメンテナンスが出来るかと思います

MSRのメンテナンスはジェネレーターだけと考えても良い
それほど単純である事が過酷な条件下で愛されている理由かと私は思います
アウトドア用具のメンテナンスのトップページ ランタンのメンテナンスのページ
テントとタープ > ザックとバック > スリーピングバック > トレッキングシューズ > ストーブとランタン >
ナイフ > クッカーとクーラー > シューズ > ライト > その他の用品

ハローアウトドア〜MENU
キャンプ場でのマナー キャンプ用品の豆知識 バーベキューの豆知識 アウトドアの豆知識
バックパッキング バックパッキングの地図 アウトドア用品は防災用品 フィールドの天気を予測
メンテナンスと保管 衣(衣類や履物) 食(食べ物を考える) 住(テントやタープ)
病気とケガ 天候と災害 ケガと薬 出発前の準備(メモ帳)
キャンプ場のマナー集 キャンプの疑問Q&A 伊勢海老釣り キャンプ用語の基礎知識
ボーイスカウトリンク ガールスカウトリンク OUTDOOR WEBRING what’s new!
アウトドアサーチ 全国のキャンプ施設 outdoor ring
サイトマップ

copyright (c) 2007-2009 ikushi yamashima